トップへ > 有名業者を管理人が使ってみてレビュー > MJFXのチャートを使ってみて。感想&使い勝手をレビュー

MJFXのチャートを使ってみて。感想&使い勝手をレビュー


今まで使ってみたFX業者の中でもMJ FXは使いやすいと思います。
いくつかのポイントを挙げてご説明します。


管理画面の重さ・使い勝手

PCでFXをするのであれば、誰しもが必ず気になるポイントです。管理画面が重たくて操作がスムーズにいかないとトレードにも少なからず影響が出てきます。


MJの場合は、資産や証拠金維持率といった数値からレート、簡易チャートといった数値をリアルタイムで更新しているのですが、その割には管理画面は軽くてサクサク動きます。

リアルタイムトレードの動きもスムーズで、「画面が重くて約定しない」なんて事はありませんでした。


管理画面の重さも気になりますが、管理画面の使い勝手も大切です。

MJの管理画面は基本構成として、左上にレート一覧、右上に簡易チャート、中段にリアルタイムトレードの為のレート表示。そして半分から下にポジション状況や口座状況といった各種のデータを表示出来るような構成になっています。


この各種データはタブで切り替えることが出来るのでワンクリックで情報の切替が出来ます。なるべく最小限の動きになるように作られているように思えて使いやすいです。


チャートの使い勝手

MJのチャートは2種類あって、管理画面の右上に出てくる簡易チャートと別画面で開くマルチチャートがあります。

マルチチャートは最大20通貨のチャートを同時表示させることができ、他社同様に移動平均やRSI・ストキャスティスク等も使えます。


それとは別に簡易チャートはそういった指標は使えません。

しかし代わりに画面上に線等の描画が可能なのです。そしてこれが出来ると、自分でチャート上にトレンドラインを引く事が出来るのです。これはとても便利です。


最近は簡易チャート上にトレンドラインを引いてトレードの判断をしつつ、相場の動きによってはマルチチャートを開いてRSIやストキャスティスク等の指標をチェックしています。


ただし1点だけ注意点があります。

あまり多くのチャートを同時表示させるとパソコンの環境によってはかなり重たくなってしまいます。


ニュース・レポートの使い勝手

ニュース・レポートに関しては、通貨で絞り込んだりする事もできて便利です。

特にありがたいのは、レジスタンス/サポート/ターニングといったテクニカルポイントをレポートとして出してくれる点ですね。


モバイルトレードについて

MJのモバイルトレードは、アプリも一部あるようですが、私の場合は通常の携帯サイトでトレードしています。管理画面も簡素で分かりやすいです。
ただ欲を言うならば、ニュース・レポートが直近20件程度しか無い事と、チャートで使えるのが移動平均のみと言う事ですね。


⇒ MJ FXの最新キャンペーンをチェック
⇒ MJ FXのさらに詳しい情報・口コミはコチラ





外為オンライン

ワイジェイFX株式会社