トップへ > 有名業者を管理人が使ってみてレビュー > FXで使いやすく初心者に優しいのはワイジェイFX!利用歴1年私のレポ

FXで使いやすく初心者に優しいのはワイジェイFX!利用歴1年私のレポ

ワイジェイFX利用歴1年の私が、YJFX!の「ここが使いやすい!秀逸なポイント」「ここがイマイチ?改善してほしいポイント」についてレポさせていただきました。

ワイジェイFXの使いやすい!秀逸なポイント

ワイジェイFXの運営する外貨EX。
この会社の良いところは初心者でも使いやすい仕様になっているところです。


現在の資産合計・損益・レバレッジ・証拠金維持率がトップ画面で確認ができ、現在の相場環境における自分のレベルが一目でわかるようになっています。トップ画面もあまりごちゃごちゃしておらず、為替レートも非常に見やすいと思います。


個人的にはドル円・ユーロドル・クロス円・その他・・・という並び順が理想であり、外貨EXはまさにその理想通りの配列になっています。


他社口座も並び替えはできますが、外出先に自分のPCでな場合、(例えば会社とか)だと、並び替えがされておらず、見づらいこともあります。デフォルトが既に理想形であるメリットはそういうところにもあります。


私が度々、外貨EXにアクセスし、確認するのがニュース情報です。外貨EXにはMarket Win24というニュースとGloballinfo25というニュースがあります。


Market Win24は他社口座でも見ることができる一般的なFXのニュースです。テクニカルポイントや経済指標に関するニュース。そして、要人発言など。基本情報はここからで十分です。


おもしろさという意味ではGloballinfo25をお勧めしたいです。Market Win24と重なるニュースもありますが、より相場の雰囲気や状況が感じ取れるニュースが豊富です。


だいまん氏による現在の相場についてのつぶやきは、市場のトレンドや要人発言への受け止め方などがわかりやすく解説されており楽しみなニュースのひとつです。


毎日、くりっく365の主要通貨の売り買い状況が発表されます。データとしては、日本の顧客なので、偏っていますが、(例えばドル円のドル買い勢がトレンドに関係なく多いなど。)他社では得られない情報などで、情報のひとつとして、注目はしています。


また、最近は金や原油などのコモディティの情報も公表されるようになり、相場を見る上で、参考にしています。


実際の取引面での外貨EXですが、スプレッドは他社にも負けるとも劣らず、かなり低いスプレッドを提供されています。重要経済指標以外を除いてはbid/askのスプレッドの開きは殆ど見られないので、安心して取引できます


また、2010年8月からの金融庁によるFXレバレッジ規制により、最大100倍から50倍になり、2011年8月からは25倍となりました。よって、証拠金は高くなりましたが、強制ロスカットレベルは今まで通り、かなり低く設定されており、注意は必要ですが、ある程度、ストップロスの幅を広げても耐えられる場合が多くあります。


キャッシュバックキャンペーンやタイアップキャンペーンなど常に顧客視点で+アルファのサービスをしてくれるのも、この外貨EXの特長であります。


何気に見てしまうのが、トップ画面にある主要市場(東京・ロンドン・ニューヨーク)のリアルタイムです。その時計を参考に、例えば、もうそろそろ欧州勢が動き出すなとかニューヨーク勢が動き出すなとか思いながら、取引することもあります。


やはり、他の市場がオープンするちょっと前からトレンドに変化が生じだすので、その微妙な流れの変化を感じ取るときに、時計があるとより敏感になります。


ここがイマイチ?改善してほしいポイント

私はモバイル用FX口座の1つとしてワイジェイFXの『モバイルサイモ』を利用しております。モバイル用としている理由は、レートの更新が手動であるからです。


最近の多くのアプリがリアル更新であるのですが、モバイルの場合、常時接続では数時間しか持ちません。途中で電源が切れてしまうリスクを恐れて私は外貨EXのモバイルサイモを利用しております。


使い勝手については、不便なところがいくつかあります。
まず、成行取引がなかなか成立しません


成行取引の場合、リアルレートの画面を見ながら、エントリーをし、スリッページの許容pipsを選びます。私は1pipsにしているのですが、価格の値動きが速いからなのか理由はわかりませんが、何度かエントリーしないと約定しません


これは、1pipsという許容幅が狭いからなのかもしれませんが、理想はスリッページなしですが、モバイルなので、そこまでは望みません。


何回か実際にあったのはなかなか約定しないので、何度もエントリーしていたら複数注文が約定してしまっていたりということもありました。


その時は、不要な建て玉は1pips程度の利益を得て早々に逃げました。ことなきを得ましたが、このままブレイクして逆方向へ行ってしまう恐怖もありました。


エントリーしていれば、そのまま流れに乗れて利益が出たのにというトレードのときもあり、約定力には改善の余地ありだと思います。


また、OCO注文が欲しいです。
OCO注文は指値と逆指値を同時に注文できる機能ですが、モバイルでもそれに似た注文はできるのですが、約定価格に対して、何pips動いたらという感じで指値・逆指値を設定していきます。


OCO注文なら同じ注文を簡単に出せるのです。
PC・モバイル両方に言えることとして、チャートソフトの機能が少ないと感じます。


PCの方は移動平均やボリンジャーバンド・MACDなど基本的なものは使えますが、EMAやフィボナッチリトレースメント・日柄カウンターなどなど他社が揃える便利な機能は、揃えていなく、初心者仕様になっているのが現状です。


上級者のチャート分析は別のFX口座でやる必要がでてきます。そういう意味では、メイン口座になりにくいのかもしれません。


モバイルのチャートも足の数が他社のモバイル用チャートよりも少なく、価格のスイングが読み取ることが難しいです。


また、各時間足の始値・高値・安値・終値の価格値も見られず、チャートからは直近の足型が陰線なのか陽線なのか、そのくらいの情報しか得られません。現況相場の分析するには非常に難しい現状です。


モバイルトレードはどうしても、どこのFX会社も簡易的な機能しか持たせておりませんが、最低でも単純移動平均線・ボリンジャーバンド・RSI・MACDは欲しいですね。私自身は、この中の指標は参考程度にしか使わないですが、利用価値はあると思います。


⇒ ワイジェイFXの最新キャンペーン情報を今すぐをチェック
⇒ ワイジェイFXのさらに詳しい情報・口コミはコチラ





外為オンライン

ワイジェイFX株式会社