トップへ > 有名業者を管理人が使ってみてレビュー > FX最強のチャートランキング!私の独断と偏見で勝手に決定

FX最強のチャートランキング!私の独断と偏見で勝手に決定

私の選んだFX最強のチャートランキング TOP3はこちらです^^

1位:メタトレーダー4
軽さ  :★★★☆☆
使い易さ:★★★★☆
充実度 :★★★★★

2位:はっちゅう君FX
軽さ  :★★★★★
使い易さ:★★★★☆
充実度 :★☆☆☆☆

3位:FXDDトレーダー
軽さ  :★★☆☆☆
使い易さ:★★★★☆
充実度 :★★★★★

何故この会社を選んだか? まずはその根拠から説明

今回、上記にて紹介しました3つのチャート。どれもが使い勝手が良いチャートを私が選別し、タイトル通り勝手に最強だ!と思うものを上げることにしました。


さて、最強のチャートといえどある程度根拠が必要です。今回は様々ある根拠から、『軽さ』『使いやすさ』『充実度』の3つを上げてみました。


・ 『軽さ』は言わずもがな、チャート自体の軽さはチャートの動きにもダイレクトに影響する為、非常に重要な点になります。

・ 『使いやすさ』は、どれほどチャートを使いこなせるか。デモ口座を解説し、3日使った感想を大まかにランクづけしてみました。

・ 『充実度』はチャートのスペックといいましょうか。システムチャートや自動売買が使えるか。どのような付加機能が備わっているかをランクづけしています。


これらを含めた上で、1つずつ説明していきましょう。


根拠に裏付けられた最強のチャート。詳しく掘り下げてみました。

まずは3位のFXDDトレーダー


これはFXDDが独自に開発したアプリケーション型のチャートツールであり、特に『充実度』において優れています


リアルタイムチャートはもちろんのこと、取引フォームも売買しやすい作りになっているため、使いやすさにおいても高い評価をつけております。複数口座に対応しているところも、充実さの評価の一つに上げています。


欠点として、立ち上がりが重いのと、パソコンが重い時にはチャートがカクカクなってしまう。この点に関しては軽さの評価でマイナスとなっています。ここらはパソコンのスペックに依存するところですが、出来れば軽く、安定したチャートツールが欲しいものです。


また、レイアウトの配置変更も出来るところと出来ないところがあり、使いやすさにどうも欠けるなぁと感じたのも、評価を下げた一因になっています。


2位のはっちゅう君FX


GMOクリック証券の開発した『はっちゅう君シリーズ』の中でも、FXに特化したチャートツールです。キャラクターイメージにネズミを使われているように、このはっちゅう君FXはとにかく軽くてコンパクトなのが売りで、アプリケーションツールながらもパソコンに掛かる負荷が少なく、場所を取らずに取引が行える点を高く評価しています。


使いやすさにおいても、シンプルなレイアウトになっている為、これも高い評価をつけています。


でも何故2位止まりなのかといいますと、このはっちゅう君FX、シンプルかつコンパクトなのはいいですが、それゆえに付加機能が殆どありません。リアルタイムレートが付いているところが唯一際立ったところですが、他2つと比べると見劣り感は否めません。


チャートツールであれをしたいこれをしたいというよりも、他のツールと併用しての利用がおすすめと言えるツールだと感じました。


(ちなみに、余談ですが、クリック証券はiphoneアプリも人気のようですよ。)

GMOクリック証券の詳細・最新のキャンペーン情報はこちら


そして、1位のメタトレーダー4


これは間違いなく1位にあげてもいいものだと考えています。
これを素体として独自ツールを開発している企業もあるほど、その存在はFXチャートツールの中でも群を抜いており、自動売買プログラムが実装できたり、それをテストする環境も備わっていたりと、その充実度は折り紙つき


使いやすさにおいても、レイアウトにやや難がありますが、自分で変更が効くため好きに配置することができる親切な設計になっております。ただ、軽さにおいて低めの評価になっているのは、やはり立ち上がりに難があると感じたからです。


ですが、使いやすさと充実度においては文句のつけ所がありません。実際に3日間使ったところでも、「これはしばらく使ってみたいな」と思うほど確かなもの。★5つで足りないぐらいです!…ちょっと持ち上げ過ぎかもしれませんね(笑)。それ程に良いツールであることには間違いありません。


以上、熱く語ってしまいましたがこの3つはどれも良いツールであることには間違いありません。メリットやデメリットは様々ですが、ここを参考にデモ口座を解説し、チャートツールを試しに使ってみるのもありかもしれません。きっと、好みにあったチャートツールが見つかることでしょう。





外為オンライン

ワイジェイFX株式会社