トップへ > 有名業者を管理人が使ってみてレビュー > クリック証券のチャート、通貨は満足^^入金とサーバーには不満あり

クリック証券のチャート、通貨は満足^^入金とサーバーには不満あり

ここがいい! 私がクリック証券を使う理由についてご説明します。

豊富なテクニカル指標

人によって、見やすいチャート・見づらいチャートは異なるかもしれませんが、私はクリック証券のチャートはお気に入りのひとつです。


見やすいポイントとして、スイングごとの天井と底にあたる部分に日付と価格が表示されます。このポイントが将来的にサポート・レジスタンスとして寄与してくる為、たいへん重要なプライスになってくるのです。


また、他社のチャートソフトによっては、過去数年分のデータしか持っていないことも珍しくないですが、クリック証券の場合、10年以上前のデータも蓄積している為、チャート化することができます。月足・年足でチャートを見たい場合でも表現可能なのです。


また、日付の範囲指定をすることができたり、柔軟な条件にも対応できます。トレンド系やオシレーター系の分析ツールにおいては、他社との大きな差は見受けられませんが、私が多用するツールとして、『日柄カウンター』という機能があります。


『山高ければ、谷深し・・・』こんな相場の格言がありますが、天底に要する日数は、将来的な天底にも合致するケースがあります。いわゆる、一目均衡表に代表されるサイクル理論です。


この日柄カウンターを使えば天と底を始点・終点としドラッグすれば、そこまでの経過日数が簡単に弾き出すことができます。小さなバーをひとつひとつ数えていく手間を考えると、効率的でたいへん便利な機能です。


ドルストレートの通貨ペアが豊富

国内FX会社は取り扱い通貨ペアも少なく、トレードの幅が偏りがちになってしまう。どの会社も円が絡まない通貨ペアはユーロドル・ポンドドルがせいぜいで、その他の通貨に関してはクロス円取引となってしまう。


クリック証券も決して豊富な通貨ペアを取り揃えているわけではないが、前述したユーロとポンド以外にスイス・オージー(オーストラリア)ドルも加え、ユーロ・ポンド・スイスの欧州3通過に関しては欧州間のクロスペアも存在します。特に相関性の高いユーロドルとドルスイスはリスクマネジメントをする上でも貴重な通過ペアです。


私自身、円のクロストレードはボラティリティの高さと結局、ドルストレートに影響を受ける為、予測が難しいという理由からあまりトレード対象にはしていないです。やっぱり、基軸通貨であるドルはわかりやすいと言えばわかりやすいです。


なので、私はドルストレートの通貨が揃っているクリック証券を重宝しております。例えばスイスやオージー(オーストラリア)のような、マイナー通貨の取引はだいたい、スプレッドが広いものだが、その点もクリック証券は5pips以下でクロス円とそう大差がないのも魅力的なところです。


ここが不満!イマイチ!なポイント(#`Д´)

(1)即時入金サービス

即時入金サービスについて不便さを感じます。FX専業業者ではないからかもしれませんが、通常、即時入金はFXサイトから、出金側の銀行サイトへ画面遷移があり、そこで出金処理が行われ、入金もほぼ同時に完了するものです。


しかし、クリック証券は一度、証券口座に入金され、FX口座への振替処理をしなければなりません。しかも、私は一度、入金処理がうまくいかずに銀行口座からもクリック証券の口座からも一時的ではあるが、数十万円の額が消えてしまったということもありました。


結局、カスタマーサポートに電話をし、入金処理をしてもらいましたが、あってはならないシステムの欠陥であります。『こういう場合、カスタマーサポートに依頼する以外に対応策はないのですか?』と問い合わせると、他に方法はないと・・・。事の重大さを担当者はわかっていないらしく、もう少し親身になって欲しかったです。


(2)サーバートラブルで取引不能

最近は少なくなりましたが、以前はサーバートラブルで取引が止まることが多々ありました。


特に月初めに発表されるアメリカの雇用統計直後などに多く、最悪な時は自分が狙った価格から乖離した価格で決済になってしまうこともありました。また、取引自体が出来ずに、エントリーできていれば、利益に繋がっていたのを、ただ指を加えて眺めることしかできなかった経験もあります。


サーバーに関しては最近、強化しているみたいなので、以前のような状況に陥ることはないと思われますが、相対的に他社と比較するとサーバーに関しては今でも不安要素がありそうです


(3)キャッシュバックキャンペーン

FX会社のキャンペーン企画は電車の吊り広告・駅の看板において、ここ近年、よく見かけます。


FX口座開設によるキャッシュバックは、どの会社も打ち出しているキャンペーンのひとつでありますが、最近は口座所有者も対象にした取引量によるキャッシュバックキャンペーンも存在します。FX取引による損益からしてみたら、たいした金額ではないですが、だいたい毎月、数千円くらいのキャッシュバックがあります。


同じ取引をするなら、もらえないよりもらえたほうがいいに決まっていますが、クリック証券のキャッシュバックキャンペーンは決まって、新規口座開設者が対象であり、口座所有者に対してのサービスの低さを感じざるを得ません。


新規口座開設は1度きりしかチャンスがないので、口座所有者にとっては実につまらないキャンペーンであることが多いです。もっと、この口座で取引を続けたいと思える魅力的なキャンペーンを口座所有者に対して考えてもらいたいものです。


GMOクリック証券の詳細・最新のキャンペーン情報はこちら


この記事を読んだ方にはこちらもおすすめです。
>>クリック証券のiphoneアプリを使ってみました。





外為オンライン

ワイジェイFX株式会社