トップへ > 初心者だけど勝ちたい方、必見です! > FXに勝率は関係ない?勝ちたいなら勝率は気にするな

FXに勝率は関係ない?勝ちたいなら勝率は気にするな

FXでは勝率を気にせずに取引をしたほうが良いというのは本当でしょうか?誰だって損はしたくないですから、できるだけ勝率が高い方がいいに決まっているように思えます。しかし勝率にこだわると、思わぬ落とし穴にはまることがあるのです。


(1)FXは勝率を気にしてはいけない

勝率を上げようとすると、どうしても「損大・利少」、含み損をずっと我慢しつづけてポジションがプラスに転じるのを待つようになりがちです。確かに表面的には高い勝率になりますが、これでは常に爆弾をかかえて取引をしているようなものです。


世界の金融市場は、暴騰、暴落のリスクを常にはらんでいます。取引を行った直後、いつなんどき含み損が一挙に膨らまないとは限りません。


ギリシャの金融危機がきっかけで円高が進んだ時は、1日でユーロ/円が10円以上下がるという未曽有の事態が起きました。10万通貨のユーロ円を買っていたとすると、一晩で100万円の含み損が生じ、資金に余裕がなければ強制ロスカットが発動されて口座資金がカラになっていたかもしれません。


「なんとか勝ちトレードで終わらせたい」、「損切りをしたあと為替レートが上昇し始めたらもったいない」などと、と祈るような気持ちで含み損が増えていくのを見ている・・・そんな取引で勝率をアップさせるより、低い勝率で利益を出すようにするべきです。


(2)低い勝率で利益を出すには

それには「損小・利大」を徹底することです。
損切りは5千円、利益は1万円というマイルールを作って10回取引をしたとします。勝率が5割なら、損切りは2万5千円、利益は5万円で、トータル2万5千円資産が増えますね。勝率9割や10割で含み損を我慢しつづけるよりずっと効率良く利益を確保できることがお分かりでしょう。


淡々と損切りを行い、大きな利益を確保する。それにはポジションに執着しないことが大切です。今日5千円損切りしても、明日一万円勝てばOK。そういう気持ちで、勝率を気にせずに取引すること、これが相場で生き残る秘訣です。


もちろん短期的な結果だけを見ると一時的に資産が減ることがあるかもしれませんが、長期的な視野で資産運用を考える習慣をつけてください。4回連続で負けた後、3回続けて勝つことだってあるのです。


この場合、先ほど述べたルールに沿って取引していれば、マイナス2万円、プラス3万円で1万円のプラスになりますが、4回連続負けた時に「やっぱり勝率が低いのはダメだ」と取引を中断してしまったら資産はマイナス2万円のままです。


感情を排除して淡々と取引を行い、自分の決めたルールは守る。それが低い勝率でもFXで成功する秘訣です。


この記事を読んだ方にはこちらもおすすめです。
>>FXの初心者なんですが、必勝法はあるんでしょうか??





外為オンライン

ワイジェイFX株式会社