トップへ > 初心者だけど勝ちたい方、必見です! > FX初心者が大失敗しない為に必ず守らなければいけないこと4ヶ条

FX初心者が大失敗しない為に必ず守らなければいけないこと4ヶ条

これからFXを始める人必見!FXで大失敗しない為に必ず守ってほしいポイントがあります。これさえ守ればFXで大失敗することはない!(はずです。)

(1)低レバレッジで始めよう

FXで大儲けしたい。そう思って始める人が殆どでしょう。
金融商品には「ハイリスク・ハイリターン」という言葉がありますが、FXはまさにその通り、証拠金の何十倍もの資金を運用して、高いレバレッジをかけた取引をすれば儲けも大きくなります。


ただ、その反面、いったん含み損を抱えた時はマイナスになるスピードも速く、証拠金不足に陥り強制ロスカットになる危険性が高くなります。


レバレッジのかけ過ぎは禁物、証拠金に余裕を持って取引することが重要です。そうすれば、いつロスカットに陥るかという不安におびえることなく、多少の含み損を抱えても精神的に余裕を持って相場の戻りを待つことができます。


しかし、レバレッジを怖がる必要はありません。レバレッジをかけることができるからこそ、FXで利益を生み出しやすいのです。国内のFX業者は2011年8月から最大25倍のレバレッジで取引するよう法律で定められています。


1万円の資金を最大25万円分の金融商品に投資できるのですからレバレッジの恩恵がおわかりでしょう。「ローリスク=ロー(低)レバレッジ」と自分に言い聞かせて運用を心がけましょう。


(2)信頼できる業者に資産を預けよう

現在、国内だけでも100社に及ぶFX業者が営業しており、日本で口座開設ができる海外業者も含めると更に多くの業者が存在します。過去には顧客の資産を私的に流用して金融庁に摘発された業者もありました。大切な資金を預けるのですから、業者選びは慎重に行いましょう


まず業者のホームページで「会社概要」を開き、「自己資本規制比率」という欄を見てください。この数字が200%以上なら、安全水域にあるという一つの目安になります。


更に「口座開設数」や「預かり資産」の情報開示を行っているかどうかもチェックしてください。ブログの口コミやテレビCMの量などではなく、実際に顧客が開いている口座の数が、何よりその業者の人気を証明しています。


この2点がクリアできたら、あとはFX業者独自のサービスやツールを比較して、自分が気に入った会社を選ぶようにします。多くの会社がデモトレードといって、仮想資金を使ったデモ取引を提供しているので、リアルマネーを使わずに、取引システムの使い勝手を試すことができます。


実際の取引を開始してから操作ミスをしないためにも、デモ取引で取引画面に慣れておくことが大切です。複数の会社でデモ口座を試した上で、一番気に入った会社で口座を開くと良いでしょう。


(3)スワップ狙い以外にも様々な手法があると心得るべし

FX取引では、金利の高い通貨を保有するとスワップが付きます。


日本は低金利政策を続けているので、クロス円、つまり円を売って他通貨を買うとスワップがつくことが多く、中でもオーストラリアドルは、1万通貨の買いポジションで1日100円位スワップが入るので、1年間保有し続けたら3万5千円位資産が増えることになるわけです。これはずいぶん高金利だと嬉しくなりますね。


しかし、スワップを貯めるためにポジションを持ち続けているのはリスクを伴います


例えば、オーストラリアドルは資源国通貨と呼ばれ、石油産出国の通貨なので、いったん海外で原油産出国に政情不安が起こると暴落することがあります。そのため、気が付くと貯まったスワップより含み損の方がはるかに大きいということが起こることもあるのです。


それに、スワップ狙いで買いポジションばかり持っていると、売りポジションを持つのに抵抗を感じるようになります。オーストラリアドルの売りポジションは、1日で100円以上のマイナススワップがつくので、資産が少しずつ減っていくからです。


しかし、相場が売り一色で、オーストラリアドルがどんどん下がり、売ればもうかると分かっていたら? 1日で1万円の利益が出れば、マイナス100円のスワップは微々たるもの。相場の流れに素直に従って、売りと買いの両方で利益を出せるよう、スワップにこだわりすぎないようにしましょう。


(4)ドル円以外の通貨にも目を向けよう

テレビや新聞で見る為替関連のニュースは、殆どドル円についてのことばかりです。なんといっても日本経済にドル円は密接な関わりがあり、貿易など実需と呼ばれる会社関連の取引にも多く使われている通貨ペアで、日本の顔とも言える通貨ペアです。


しかし、世界に目を向けると、一番取引量が多く流通しているのはユーロドルです。その他ポンドドルやドルスイスも世界のメジャー通貨です。FXでは、流通量が少ない通貨ペアは、レートが飛んだりスプレッドが広かったりと、トレーダーに不利な条件が多いのです。


まず、最初はドル円で取引を始めて、慣れてきたら他のメジャー通貨にも目を向けるようにしていきましょう。


複数の通貨ペアで取引ができるようになれば、ドル円が上がりも下がりもせずに売買チャンスがない時でも、他の通貨で取引の機械を狙うことができます。得意の通貨ペアが2つか3つあれば、取引のチャンスが増えるわけです。


最後に…初心者向けの条件がすべてそろっている業者を探せ

では、ここで挙げた条件に合ったFX業者を見ていきましょう。


外為オンラインはドル円のスプレッドが1銭固定という好条件を提示しています。どんな時間でもスプレッドが変わらないので落ち着いて取引ができるというのは大きなメリットです。初心者の方は、まず外為オンラインでドル円の取引をしてFXに慣れると良いでしょう。


年間取引高が、国内のFX業者No.1ということからも、外為オンラインの人気の高さが伺えます。スプレッドが狭い業者はスワップが低いことが多いのですが、外為オンラインはスワップも高いのはうれしい限り。


「はっちゅう君」という取引ツールは視覚的に大変使いやすく、注文を失敗する危険が低いのも初心者にとって大事なポイントです。


マネーパートナーズは、約定力が強いことで知られています。約定力とは、注文を出した時に執行されるかどうかということで、FXのように瞬間で大きく利益が変わる可能性がある金融取引では、約定力の違いが利益に大きく影響してきます。


約定力が強いということは、サーバーが強いということ、つまりシステムの構築がすぐれているわけで、そのあたりを惜しまずに投資する会社というのは、本気で投資家のことを考えているという判断材料にもなります。


マネーパートナーズは、FX専業会社として初の上場会社(大証ヘラクレス)というのも安心できます。


ここ数年、FX業者は廃合、併合が進んでおり、力のない業者は淘汰されつつあります。良く知らない業者でFXを始めたらじきに会社がFXの取り扱いをやめてしまったということもあり得ます。「業者選びに失敗した。」と後で後悔しないよう、ここに挙げたような実績のある会社でFXをスタートしてください。


⇒ 外為オンラインの最新キャンペーン情報を今すぐチェック
⇒ 外為オンラインのさらに詳しい情報・口コミはコチラ


⇒ マネーパートナーズの最新キャンペーンを今すぐチェック
⇒ マネーパートナーズのさらに詳しい情報・口コミはコチラ





外為オンライン

ワイジェイFX株式会社